【君に あげる】何をもらえるのか期待したら高 級のおふ「トン」があった。

グルメ

今日は餃子弁当だなぁ。餃子が食べたい。餃子が。

いそいそと上野から浅草へ向かう。

頭の中は餃子で一杯だった。そうあそこを通り過ぎるまでは……

稲荷町駅を過ぎた時

「??」二度見する。 衝撃が走る。

あれだけ餃子の事で頭がいっぱいだったのに

餃子の事なんて一瞬で忘れ去った。

なぁんだぁ これは!!!!!!

こんな素敵な暖簾に巡り会えるとは……。 この暖簾は部屋にあってもいいくらいだ。 いや…実際あったら邪魔であろう。

 

「君に、揚げる。」(極)

 

おかしい…餃子で頭がいっぱいだったはず

ねむるぶたおふトンだと…。

餃子なんてもういい。

餃子弁当食べたいなんて誰が言ったんだ?

横になろうではないか。ふとんを下さい。

ふとんを。

 

ふとんだけだと寝れないので… そうだなぁ。エビフライという枕も下さい。 ブランケットも欲しいのでロースとんかつもいきますか。

素敵な寝具がそろった。これで今日はよく寝れることだろう。

・ねむるぶたおふトン

・ロースとんかつ&エビフライ

食券を購入し、調理時間に20分との事なので 外で待たせていただく。 部屋の中で頂くふとんを楽しみに待っていた。

 

お弁当を持ってここまで走った事があるだろうか。 家につき どぉぉぉぉぉぉん!!!!

どうだっ!!!!!

 

今夜はいい眠りにつけそうなおふとん。 せんべい布団ではないぞ。これは高級ふとんだ。
筆者の家のふとんより厚みがあるかもしれない。

 

衣詐欺ではないエビフライ。

ああここは天国。

今まで食べてきたとんかつはもしかするととんかつではなかったのかも知れない。

ぷりっぷりの枕。

テイクアウトで頼んでこれだけ美味しいのだから お店で食べたらもっと美味しいはずである。 次はお店で食べようと思う

コメント

タイトルとURLをコピーしました